teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


流鏑馬

 投稿者:BON  投稿日:2018年 7月 1日(日)13時44分50秒
編集済
  大宝八幡宮の流鏑馬神事、暑い中ご苦労様でした。
皆さん、どんな写真を撮られたのでしょうか。
例会が楽しみです。







馬場を皆が全速力で疾走する、流鏑馬のフィナーレ。
これも、迫力ありました。





動いている被写体を撮る難しさを、改めて感じました。
また、思っていたより観客の混雑が無かったので助かりました。

流鏑馬の撮影場所としては、馬場へ2~3mのところまで近づいて観ることができるので、かなり迫力があって、けっこう穴場かもしれません。




 
 

乙戸沼公園、見頃になりました。です

 投稿者:BON  投稿日:2018年 5月31日(木)22時12分51秒
編集済
  今日、午前中は薄日も出ていたけど、午後になると小雨が降ったり止んだり・・・
この様子だと、梅雨入りは間もなくのような気がします。





乙戸沼、午後訪れてみると、ハナショウブほぼ満開状態でした。
今年は、全ての花の開花が早いようです。













 

水滴

 投稿者:BON  投稿日:2018年 5月28日(月)23時10分53秒
  ここのところ、突然雨が降り出したりして天候が不安定。
九州・四国地方の梅雨入りも発表された。
今年は、花々の開花だけでなく梅雨入りまで早まるようだ。

雨上がりの庭先の花々の水滴、キラリ宝石のよう。
MACROレンズの扱いに慣れるため、少し遊んでみた。





ガーベラの花びらの水滴、余計な水滴はティッシュのこよりで排除した。
カメラと水滴が同じ距離になるようにし、それぞれの水滴に背景を浮かび上がらせるのがコツ。




水仙の葉も、アートに変身。






まだ、風に飛ばされずに残っていたタンポポの綿毛。
こちらも、アートになりました。










 

「国立科学博物館・筑波実験植物園」にて撮影会

 投稿者:BON  投稿日:2018年 5月11日(金)20時27分53秒
編集済
  昨日までの肌寒く荒れ模様の天気も、今日は持ち直してくれた。
寒くもなく暑くもなく絶好の撮影日和。
そんな中、クレマチス展が行われている筑波植物園で撮影会をしてきました。




明日の例会、どんな作品が見られるか楽しみです。
ただ、私は所用があって例会に出られませんので、ここに一部を掲載させていただきます。





























 

バラが咲き始めた

 投稿者:BON  投稿日:2018年 5月 4日(金)22時18分43秒
編集済
  県フラワーパークのお花畑、シャガ・ボタン・ツツジの最盛期が過ぎ、フラワーフェステバルが5/13で終了する。








5/15から6/24は「バラまつり」になる。
800種3万株のバラは見応え十分、是非また出向いてみたい。










 

下町風景を撮りに

 投稿者:BON  投稿日:2018年 4月12日(木)16時46分11秒
  昔懐かしい下町の風情が残るまち並みを撮りに、佃・月島界隈を歩いてきました。

先ずは月島駅から佃川にかかる佃小橋へ。
高層マンションが林立する風景の中に、昔懐かしい下町風景が取り残されているアンバランスがなんとも良い。



その後、住吉神社へ。
遅咲きなのだろうか、枝垂れ桜がまだ咲いていた。






創業180年にもなる佃煮の「天安本店」、戦火もまぬがれて現在に至っているそうだ。




午後は月島へ。
名物もんじゃ焼きで腹ごしらえの後、もんじゃストリート沿いの路地を散策。
隣家との隙間の狭い路地が生活の場、正に「向こう三軒両隣」の言葉がぴったりの場所だ。
こんな下町情緒も再開発が進み、あと数年で無くなってしまうと町の住人は嘆いていた。




早めに月島駅へ戻り、有楽町へ。
国際フォーラムで時間調整し、帰路へ。
皆さんお疲れ様でした。




 

今日の霞ケ浦総合公園

 投稿者:BON  投稿日:2018年 4月 6日(金)01時36分47秒
 


初夏の陽気から一転し、肌寒いくらいの一日でした。
でも、これまでの暖かさでチューリップは満開。

そんな気温の変化など気にすることも無く、子供たちは無邪気に飛び跳ねていました。





 

お花見

 投稿者:BON  投稿日:2018年 3月30日(金)22時59分6秒
  昨日の初夏のような陽気と打って変わり、今日はとても爽やか。
今年の桜、ほぼ3日で満開に。
早くも散始めてしまうのではと不安になり福岡堰へ。
堤の約2Kmに咲きほこる桜のトンネルは、見応え十分でした。




カヌーで川面からお花見を楽しむ方も結構いました。





予想通り、ここの桜はもう満開(8分咲き)の時期を過ぎたのかもしれません。
風が吹きだすと、たくさんではないが既に花吹雪が始まっていました。




 

杏も咲きだした

 投稿者:BON  投稿日:2018年 3月20日(火)19時35分20秒
 


杏の花が咲く頃

歌  O's
作詞 山上路夫
作曲 鈴木淳


杏の花が咲く 春まだ浅い頃
わたしは帰りたい はるかな ふるさとに
燕がとんでいた 柳がゆれていた
どうして わたしたち ふるさと出たのでしょう
今は街の暮らしになれ 恋人もいるけど
杏の花咲く頃は 帰りたくて 心がさわぐ


杏の北国に 帰ったことはない
どうしているでしょうか 別れた友だちは
小さな あの町で 暮らしていたほうが
幸せだったかも 疲れたとき思う
都会のなか 自分のこと
見失ってしまいそう
杏の花咲く頃は  街を歩き
落ちつかないの 風のなかに 杏の花
匂うような気がする
杏の花咲く頃は 帰りたくて 心がさわぐ


 

梅の花が一斉に咲きだしました。

 投稿者:BON  投稿日:2018年 3月 5日(月)16時12分44秒
編集済
  ここ何日かの暖かな陽気で梅の花が一気に咲きだしました。
梅園公園と、その側を流れる用水路沿いに続く梅の並木が見頃かも知れないと聞いて、行ってみました。
いま、丁度6・7分咲きといったところでしょうか。
特に、枝垂れ梅が見頃です。


公園の梅には、花蜜をもとめてヒヨドリやメジロが集まっていました。
今回、野鳥の小鳥を狙ってみて思ったのは、ひたすら「大変だ」ということでした。
なにせ相手は気まぐれ、いつ目の前に来てくれるのかわからない。
おまけに、すばしこい。

1時間以上待って、やっと来てくれたヒヨドリ。





こちらは、前日に撮ったメジロ、この日は望遠レンズを用意していなかったので、
マクロレンズで強引に。





 

レンタル掲示板
/75