teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


おはようごだいます。

 投稿者: 清盛  投稿日:2019年 7月31日(水)02時42分46秒
返信・引用
  おはようごだいます。
◆歌舞伎の値段
歌舞伎俳優の中村獅童さんが企画した「オフシアター歌舞伎」を見た。会場は東京・天王洲の倉庫と新宿のライブハウス。客席と舞台を近くし、身近な大衆娯楽だった江戸歌舞伎への原点回帰を目指す狙いだ。
リングのように中央に設けられた舞台を、パイプ椅子の客席が囲む。役者の表情や息遣いがよく伝わり、近松門左衛門の名作「女殺油地獄(おんなころしあぶらのじごく)」の物語もリアルに感じられて面白かった。
ただ、チケットの方は庶民的とは言いがたい。新宿会場は一万一千五百円、東銀座の歌舞伎座は一万八千円の席が多い。見れば面白いだけに、年金に不安を感じる現役世代としては、価格面での工夫も期待したい。

今日のタイトルは街道です。

http://www.lcv.ne.jp/~sizu1111/

 
 

Re: おはようごだいます。

 投稿者:karina  投稿日:2019年 7月30日(火)10時01分56秒
返信・引用
  > No.3739[元記事へ]

清盛さん おはようございます~♪

24日に梅雨が明けて以来猛暑が続いています。
昨日は高校野球の決勝戦でしたが母校は負けてしまって甲子園へは行くことができなくなってしまいました。


> おはようごだいます。
> 地方支局から放送芸能部に着任して二カ月目の昨年九月。初めて会ったスターは、アニメ映画「ムタフカズ」で主人公の声を務めた草なぎ剛さんだった。
> インタビュー中に、ボールペンが出なくなった。コンビニで買った百数十円のペンだ。詰まったに違いない。焦る私を見た草なぎさんは「使うねー! 僕、ペン使い切ったことなんてないよ!」とすかさずフォロー。ペンはスタッフに借りて、事なきを得た。
> 機転の利いたコミュニケーションに、柔らかな笑顔。人をリラックスさせる力。多くの舞台や司会で鍛えられてきたのだろう。こういう人が真のエンターテイナーなんだと感心した。
>
> 今日のタイトルは天空です。
>

http://asa39151.lolipop.jp

 

おはようごだいます。

 投稿者: 清盛  投稿日:2019年 7月30日(火)07時10分20秒
返信・引用
  おはようごだいます。
地方支局から放送芸能部に着任して二カ月目の昨年九月。初めて会ったスターは、アニメ映画「ムタフカズ」で主人公の声を務めた草なぎ剛さんだった。
インタビュー中に、ボールペンが出なくなった。コンビニで買った百数十円のペンだ。詰まったに違いない。焦る私を見た草なぎさんは「使うねー! 僕、ペン使い切ったことなんてないよ!」とすかさずフォロー。ペンはスタッフに借りて、事なきを得た。
機転の利いたコミュニケーションに、柔らかな笑顔。人をリラックスさせる力。多くの舞台や司会で鍛えられてきたのだろう。こういう人が真のエンターテイナーなんだと感心した。

今日のタイトルは天空です。

http://www.lcv.ne.jp/~sizu1111/

 

こんにちは、

 投稿者: 清盛  投稿日:2019年 7月29日(月)14時36分24秒
返信・引用
  、お邪魔します。
 茨城県などの歴史や自然、人物をテーマに郷土の本を出版し、経営難で今月いっぱいで解散する千葉県流山市の地方出版社「崙(ろん)書房」の功績をたたえ、流山市が関係者に感謝状を贈った。
崙書房は一九七〇(昭和四十五)年に創業。茨城や千葉県内の歴史や自然、地理、人物などを取り上げた本を出版した。七七年にスタートした新書サイズの「ふるさと文庫」は、地元の書き手が中心となって執筆、利根川、新選組、流山電鉄といった地域にまつわる題材を掘り下げた。シリーズは今年五月までに二百十七タイトルを数えた。
近年は、同社の書籍を扱う地域の書店が相次いで廃業、読者の減少もあり売り上げが落ち込んでいた。

http://www.lcv.ne.jp/~sizu1111/

 

こんにちは、

 投稿者: 清盛  投稿日:2019年 7月29日(月)14時28分29秒
返信・引用
  こんにちは、
 茨城県などの歴史や自然、人物をテーマに郷土の本を出版し、経営難で今月いっぱいで解散する千葉県流山市の地方出版社「崙(ろん)書房」の功績をたたえ、流山市が関係者に感謝状を贈った。
崙書房は一九七〇(昭和四十五)年に創業。茨城や千葉県内の歴史や自然、地理、人物などを取り上げた本を出版した。七七年にスタートした新書サイズの「ふるさと文庫」は、地元の書き手が中心となって執筆、利根川、新選組、流山電鉄といった地域にまつわる題材を掘り下げた。シリーズは今年五月までに二百十七タイトルを数えた。
近年は、同社の書籍を扱う地域の書店が相次いで廃業、読者の減少もあり売り上げが落ち込んでいた。

http://www.lcv.ne.jp/~sizu1111/

 

レンタル掲示板
/739