teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


おはようごだいます。

 投稿者: 清盛  投稿日:2019年 7月30日(火)07時10分20秒
返信・引用
  おはようごだいます。
地方支局から放送芸能部に着任して二カ月目の昨年九月。初めて会ったスターは、アニメ映画「ムタフカズ」で主人公の声を務めた草なぎ剛さんだった。
インタビュー中に、ボールペンが出なくなった。コンビニで買った百数十円のペンだ。詰まったに違いない。焦る私を見た草なぎさんは「使うねー! 僕、ペン使い切ったことなんてないよ!」とすかさずフォロー。ペンはスタッフに借りて、事なきを得た。
機転の利いたコミュニケーションに、柔らかな笑顔。人をリラックスさせる力。多くの舞台や司会で鍛えられてきたのだろう。こういう人が真のエンターテイナーなんだと感心した。

今日のタイトルは天空です。

http://www.lcv.ne.jp/~sizu1111/

 
 

こんにちは、

 投稿者: 清盛  投稿日:2019年 7月29日(月)14時36分24秒
返信・引用
  、お邪魔します。
 茨城県などの歴史や自然、人物をテーマに郷土の本を出版し、経営難で今月いっぱいで解散する千葉県流山市の地方出版社「崙(ろん)書房」の功績をたたえ、流山市が関係者に感謝状を贈った。
崙書房は一九七〇(昭和四十五)年に創業。茨城や千葉県内の歴史や自然、地理、人物などを取り上げた本を出版した。七七年にスタートした新書サイズの「ふるさと文庫」は、地元の書き手が中心となって執筆、利根川、新選組、流山電鉄といった地域にまつわる題材を掘り下げた。シリーズは今年五月までに二百十七タイトルを数えた。
近年は、同社の書籍を扱う地域の書店が相次いで廃業、読者の減少もあり売り上げが落ち込んでいた。

http://www.lcv.ne.jp/~sizu1111/

 

こんにちは、

 投稿者: 清盛  投稿日:2019年 7月29日(月)14時28分29秒
返信・引用
  こんにちは、
 茨城県などの歴史や自然、人物をテーマに郷土の本を出版し、経営難で今月いっぱいで解散する千葉県流山市の地方出版社「崙(ろん)書房」の功績をたたえ、流山市が関係者に感謝状を贈った。
崙書房は一九七〇(昭和四十五)年に創業。茨城や千葉県内の歴史や自然、地理、人物などを取り上げた本を出版した。七七年にスタートした新書サイズの「ふるさと文庫」は、地元の書き手が中心となって執筆、利根川、新選組、流山電鉄といった地域にまつわる題材を掘り下げた。シリーズは今年五月までに二百十七タイトルを数えた。
近年は、同社の書籍を扱う地域の書店が相次いで廃業、読者の減少もあり売り上げが落ち込んでいた。

http://www.lcv.ne.jp/~sizu1111/

 

こんにちは、

 投稿者: 清盛  投稿日:2019年 7月28日(日)17時38分34秒
返信・引用
  こんにちは、
今日は風がなく暑い日でいた。
東京都足立区の運送会社ライフサポート・エガワでトラック運転手をし、昨年死亡した武田正臣さん=当時(52)=の労災認定にあたり、川口労働基準監督署が本業と副業先の労働時間を合算して過労死認定したことが二十六日、分かった。厚生労働省は労災として過労死を認める際のガイドラインで副業先の労働時間は合算しないとしており、労基署の判断は異例。厚労省の規定を適用すれば、過労死認定されない可能性があった。
武田さんは昨年四月二十八日午前六時、埼玉県八潮市の倉庫内で作業中、フォークリフトの運転席で致死性不整脈で死亡した。
弁護団によると、武田さんは連日、午前二時からその日の夕刻までトラックで荷物を集配して回る仕事をしており、亡くなる前の六カ月の残業時間は、過労死ラインの月百時間を大幅に超える百二十六時間から百五十八時間に及んでいた。
智に働けば角が立つ。情に掉させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。というところまで覚えている人は多いと思いますが、この先がかっこいいのです。あらゆる芸術.

http://www.lcv.ne.jp/~sizu1111/

 

こんにちは、

 投稿者: 清盛  投稿日:2019年 7月28日(日)10時22分42秒
返信・引用
  こんにちは、
沖縄県北谷(ちゃたん)町で米海軍兵が女性を殺害した事件から十三日で三カ月になった。「米軍基地がある限り同様の事件事故は続く。皆が立ち上がらなければ、現状は変わらない」。事件に抗議している同町の島袋艶子さん(72)は若い頃、米兵の飲酒運転事故で両親を亡くした。四姉妹で活動する民謡グループ「でいご娘」の一人として、亡き父が歌に込めた平和への願いを胸に三線(さんしん)を奏で続ける。

今日のハリコは奥の細道です。

http://www.lcv.ne.jp/~sizu1111/

 

レンタル掲示板
/739