teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. アドベンチャーー(14)
  2. プログラム関係(29)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


(無題)

 投稿者:  投稿日:2013年 4月22日(月)15時48分7秒
返信・引用
  yaeyaeyaeyaeyae@excite.co.jp  
 

報告

 投稿者:新垣  投稿日:2013年 1月13日(日)17時13分22秒
返信・引用
  いろいろ音楽いじってる最中なので詳しい結果報告は明日します。  

参考サイト

 投稿者:林和(利樹)  投稿日:2013年 1月10日(木)21時17分8秒
返信・引用
  http://dobon.net/vb/dotnet/programing/playmidifile.html

上記サイトはVB.NETでプログラムを作る際の神様です。
参考にしてください。
音を鳴らすこと以外にもいろいろ出来ます。
 

報告2

 投稿者:新垣  投稿日:2013年 1月10日(木)00時52分27秒
返信・引用
  了解です。メールと音楽は早めに確認してみます。  

話の内容でも載せておこうと思う

 投稿者:林和(利樹)  投稿日:2013年 1月 9日(水)21時36分50秒
返信・引用
  CG1「学園」 BGM1「チャイム」
効果「フェードイン」
CG2「教室」

先生「今日はここまで。終わっていいぞ」▼
BGM2「喧騒」

鐘が鳴り、先生が授業終了の合図を出した。▼
クラスの皆は談笑しつつ教室を後にする。もちろん先生に挨拶する事は忘れない▼
ようやく今日も一日が終わった。▼
でも、私にとってはここからが一日の始まりと言えるかもしれない。▼
私はこれから起こる事に備え、机に広がっているノートやシャーペンを急いで鞄にしまった。▼

SE「ガラガラ」

教室の扉が勢いよく開かれ、視線を向ける。▼
そこには私の憧れとも言える女性が立っていた。▼
レイカ「ハルカ、何してんの? さっさと行くよ」▼
ハルカ「きゃっ」
BGM3「明るい音楽」

勢いよく机に向かって来た為、机がガタッと音を立てる。その音と女性の勢いに私は思わず驚きの声を上げてしまった。▼
CCG「ハルカ(通常)」

ハルカ「レ、レイカ先輩。どうかなさいましたか」▼
レイカ「どうかなさいました……じゃないでしょ。今日も行くわよ」▼
カチューシャが飛んで何処かへ消えてしまうような勢いで栗色の髪を揺らし、先輩は天井を大きく指差した。▼
「えっと……屋上ですか?」▼
「そうね。今日のような天気のいい青空には屋上で優雅にお茶を飲むのも……違うわ」▼
SE2「手を掴む音」
レイカ「いいから、付いて来るのよ」▼
ハルカ「あっ」▼

CG3「廊下」

先輩は私の手を掴みグイグイと引っ張り、あっという間に教室から廊下へと連れ出した。▼
レイカ「さあ、今日も皆がお待ちかねよ」▼
ハルカ「は、はい」▼
今日もまた、一日が始まった。▼

CG4「教室(セピア調)」
BGM4「優しい音楽」

私が先輩と一緒に行動するようになったのはこの聖陽学園に転校してから。▼
先輩と一緒に行動するきっかけは偶然だったと思う。▼
先輩は転校初日に私の前に現れた。▼
屈託の無い笑顔で先輩はこちらに手を差し伸べながら微笑んでいた。▼

CCG「レイカ」

レイカ「貴方転校生よね。私がこの学園を案内してあげるわ」▼
そう言った先輩は言葉通り放課後学園の案内をしてくれた。▼
会って間もない筈の私に先輩はいつも優しく接してくれた。私は不思議に思った。どうしてこんな事をしてくれるのかな。▼
レイカ「私は人助けが好きなのよ。皆の笑顔がみたいの」▼
いつだったか先輩は私の問いにそう答えてくれた。▼
私はそんな先輩に惹かれつつあった。▼
ある日、先輩が町の案内をしてくれた時にほんの些細な事件が起こった。▼
おばあさんが大切な物を置き忘れてしまったのだ。▼
その時、私は先輩より先におばあさんの探し物を見つけた。▼
先輩は悔しがる事も無く、おばあさん以上に探し物が見つかった事を喜んでいた。私も笑った。▼
おばあさんと別れた後、先輩は転校初日のように私に手を差し伸べた。▼
「ハルカ。貴方は私に必要な存在よ。貴方の冷静な判断力や物事を客観的にとらえる目が私には必要なのよ。だから、私と一緒に人助けをして見ない」▼
積極性や行動力がいまいち欠けている私にとって先輩はどちらも兼ね備えた憧れる人だ。
そんな先輩の誘いを断るなんてどうかしている。▼
ハルカ「は、はい。よろしくお願いしますレイカ先輩」▼
レイカ「先輩なんていらないわよ。レイカでいい」▼
こうして私は先輩と行動を共にするようになった。▼
CG3「廊下」
BGM3「明るい音楽」
私の本当の1日の始まりは今この瞬間と言えるかも知れない。▼
ちょっと大袈裟かもしれないけど私はそう思う。▼
私と先輩の一日は学園内のパトロールから始まる。▼
警備している訳ではなく、困り事を探している。▼
先輩に目的はあるが、目標はない。
ただ、誰かの役に立ちたい。誰かの助けになりたいと思っている事はひしひしと伝わってくる。▼
今、こうして歩いている最中に声を掛けられる事を待っている。▼
先輩の事はこの学園内でも有名らしく、困り事があれば相手の方から声を掛けてくる。▼
???「おーい、二人とも」▼
廊下の突き当たりからさっそく声を掛けてくる人が現れる。▼
レイカ「会長、何か困り事でもありましたか♪」▼
先輩が餌を待っていた小鳥のように聖陽学園の学生会長に飛びつく。▼
ただ、学生会長の頼み事はだいだい決まっている。▼
ちょっとした不安を胸にその背中を私も急いで追いかける。
会長「それが木枯らし屋の限定商品!木枯らしジュースを切らしていてね。ちょうど二人に探していたのよ」▼
レイカ「任せてください。至急買ってきますよ。隣の貴方のお悩み探偵ことレイカが会長の悩みを無事解決致します」▼
 

visualstudioを動かそう

 投稿者:林和(利樹)  投稿日:2013年 1月 8日(火)21時36分52秒
返信・引用
  haya.kazuking@gmail.com左のアドレスにもう一度送ってみて。
明日に原稿の一部を送りたいと思っています。

VB.NET 音楽再生とかで検索すればいろいろ出てくるから試してほしい。
とりあえずフォームにボタンを配置してメッセージボックスを表示できれば何とかなるかな。
 

報告

 投稿者:新垣  投稿日:2013年 1月 8日(火)18時56分9秒
返信・引用
  visualstudio2012の評価版ダウンロードしました。音楽はいろいろ調べてる最中です。
あとなぜかPCのメールが送信できなかったです。
 

取り敢えず投稿してね

 投稿者:林和(利樹)  投稿日:2013年 1月 7日(月)21時13分1秒
返信・引用
  いや、話が進まなくなるから取り敢えず投稿してね

音楽とか集まったかな?

今日は以上。
 

気にはしていない

 投稿者:林和(利樹)  投稿日:2013年 1月 5日(土)21時02分8秒
返信・引用
  取り敢えずvisualstudioが評価版入れられたら教えてください。
そっちで音楽を流す為の準備をしてもらおうかと思います。
 

返事遅れました

 投稿者:新垣  投稿日:2013年 1月 5日(土)18時41分20秒
返信・引用
  正月はバイト忙しすぎて確認できませんでしたが、これからはなるべく確認しようと思います。今日までにvisualstudio2012ダウンロードしときます。  

レンタル掲示板
/3