teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re: カタログ外のモデル

 投稿者:スキャットマン  投稿日:2013年 6月23日(日)02時51分22秒
返信・引用
  よしだ@管理人さんへのお返事です。

> よしだ@管理人さん
> こんばんわ!
そ、そうなんですか(・・;) ホント色々と勉強になります!
> それでは同じ形番でも車で言う所の前期型と後期型が存在するって事ですかね?
いやはや材質まで違うと音にまで多少の変化はありますよね?
私のCE=200はサイド&バックはローズウッドなのですが迫力のあるサウンドと鈴なりの様なバランスのとれた良い音がします!
そしてバラの様な甘い独特の香りが何とも言えません^ ^
 
 

カタログ外のモデル

 投稿者:よしだ@管理人  投稿日:2013年 6月22日(土)20時57分38秒
返信・引用
  スキャットマンさん
東海のアコースティックギターは、結構カタログ外のモデルがありますよ。
古いモデルなら350があったようですね。
また型番は同じでも、材質やインレイが違ったものも存在しますね。
 

Re: 回答ありがとうございます。

 投稿者:スキャットマン  投稿日:2013年 6月21日(金)19時40分44秒
返信・引用
  よしだ@管理人さんへのお返事です。

> よしだ@管理人さん
> 初めまして!
> カタログにも載ってない形式があるなんて知りませんでした(>_<)
貴重な数々のご意見ありがとうございます。
> それにしても75~76年頃のCE200はかずあるものなのでしょうか?
> ホール内のホコリはクリーニングの際にコンプレッサーで掃除しました^ ^
ただラベルは奇跡的に綺麗に残っていてくれました。
 

初期ものですね

 投稿者:よしだ@管理人  投稿日:2013年 6月21日(金)19時27分22秒
返信・引用
  スキャットマンさん
初めまして。
CE=200はカタログに載ってないモデルなんですが、他に180とかがあります。
通常のキャッツアイは、ホール側にアジャスタブルロッドの調整があるんですが、これはヘッド側です。
従って、過渡期のモデルということになりますので、シリアルの若さからして75~76年あたりが妥当ではないかと思います。
それにしても内部にホコリも見えず、ラベルも綺麗ですね。^^
 

Re: お聞きします!

 投稿者:スキャットマン  投稿日:2013年 6月20日(木)23時15分24秒
返信・引用 編集済
  > 実は、この度キャッツアイのオーナーになったのですが形式及びシリアルNOははっきりしているのですが年式までは分かりません。
> ですので画像にてどのくらいの年式なのか分かりますでしょうか?
>何か些細な情報でも結構ですのでよろしくお願いします。
> ちなみにキャッツアイ CE200  NO.2000517です。
 

オバンコール

 投稿者:Gotou  投稿日:2013年 3月 3日(日)11時33分39秒
返信・引用
  CE-250の続きですが、もう一つ気になるのが音の違いです。
というか、ここが最も重要なところでしょう。

バックとサイドの材料は、音質に大きく影響しますが
70年代はローズウッドだったものが、80年代にはオバンコールになっています。
勿論このモデルの場合、両者共に合板ですが、やはり音の違いがあることでしょう。

オバンコールは、木目の感じと音もマホガニーに近いことから
マーチンのD-28とD-18のような差があるのではと・・
ただ、手もとにあるCE-1200Mなどは、マホガニーなのに28寄りの感じもしますが・・・

スペック表は、1980年のカタログのものです。

 

ヘッドとペグ

 投稿者:Gotou  投稿日:2013年 3月 2日(土)10時19分50秒
返信・引用
  やはり、たっきーさんのギターは、旧ロゴのキャッツアイ初期のものでしたね。
この頃、CE-600以上のモデルには、グローバーのペグがついていましたが
CE-500以下は国産のロトマチックでした。これは、シャーラーのコピーという感じですね。
当時のグローバー102は、今でも高値がついていたりしますが
機能的に今となっては、アメリカ製よりも日本製に軍配が上がるかもしれません。

旧ロゴのCE-250には、このシャーラータイプがついていますね。
そして、手もとの250には、シャーラータイプながら、ボタンはグローバータイプです。
キャッツアイは、こうしてマーチンを強く意識して、さらにヴィンテージへと遡っていきました。

しかし、本家マーチンは80年代からシャーラーをつけるようになり、90年代には日本製も使われるようになりました。
こうした変遷をたどるのも実に興味深く楽しいです・・・かなりのヲタクです。

 

Re: 旧ロゴ

 投稿者:たっきー  投稿日:2013年 2月28日(木)20時57分57秒
返信・引用
  Gotouさん、いろいろありがとうございます。

ヘッドには大文字で書かれていました。
古いギターなんですねー。
 

旧ロゴ

 投稿者:Gotou  投稿日:2013年 2月28日(木)19時38分9秒
返信・引用
  ロゴが大文字なのは、たしかに古い初期のものですね。
ヘッドのロゴも大文字でしょうか?古ければ古いほど希少だと思います。

このサイトにもありますが、手もとの1975年のカタログです。
ちょっと見にくいですが、この頃のヘッドロゴは大文字ですね。

 

Re: シリアル

 投稿者:たっきー  投稿日:2013年 2月27日(水)23時14分47秒
返信・引用
  その後、こちらのサイトをいろいろ見てますと、ロゴが大文字なのが75~76年製造と書かれていたので、私のCE-250はその年代の物なのでしょうね。
ネックが少し反ってたものの、他に大きな損傷もありませんでした。
 
    (よしだ@管理人) このラベル自体が77年前半頃までしか使われていないようですので、76年までのものと思われます。
後ろが3桁なのでごく初期のものかと思われますが、断言は出来ませんで・・・。
 

レンタル掲示板
/49