teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


CE-2500

 投稿者:SHIN  投稿日:2016年 7月 6日(水)10時35分54秒
返信・引用
  かれこれ10年以上ここのサイトにはお世話になっていますが、投稿は1,2回程度しかありませんでした。
この度、オークションでCE-2500を迎えましたのでご報告と思い投稿いたします。
ロングサドル、スキャロップブレーシング仕様とのことで、ねくすと大塚氏が以前所有していたものと同タイプかと思います。
カタログ外スペックですが、定期的に生産されていたのでしょうか。
なかなか情報が少ないため、ご存知の方がいましたら是非ご教授願いたいと思います。
 
 

Re: CE-1000

 投稿者:たこ  投稿日:2016年 7月 3日(日)23時11分38秒
返信・引用
  > No.485[元記事へ]

よしだ@さん、ご意見ありがとうございます!
スペック一覧改めて拝見しました。
80年度一本目ギターと認識してましたが確かに81年仕様に見えてしまいます。。。
ボディー内部も再度覗いて見ましたがやはり割れ止めらしきものは見当たりません。
キャッツでは、割れ止め無し=合板 の図式が成り立つのでしょうか。
今度時間あるときにサイドの内外写真を撮ってじっくり比べてみます。
もし木目が一致しているようであればまた報告しますね^ ^
 

CE-1000

 投稿者:たこ  投稿日:2016年 6月30日(木)09時40分14秒
返信・引用
  よしだ@さん、こんにちは!
10年振りくらいの投稿です(≧∇≦)
随分と永く付き合っている私のキャッツです。
シリアルから見ると1980年気合いの一本目製造かなと。
見た目通りによく鳴ってくれます^ ^
ホール内部を覗くと割れ止めらしきものが見当たらないのですがサイドは合板なのでしょうか?
ずっと気になってます。。。
もし何か解れば教えて下さいm(._.)m
 
    (よしだ@管理人) たこさん、お久しぶりです。
80年だとカタログ上は旧仕様ですが、画像を拝見すると新仕様のようです。
収集したカタログデータでは、80年製はサイド単板なんですが、81年以降の仕様なのかもしれません。
http://www.cats-eyes.biz/spec/spec03.htm
単純に見るなら、サイドの木目が裏表合っているかを確認することになります。
1000Sでは、サイドの真中付近に1箇所あるだけなのですが、それも無いんですよね?
 

Re: はじめまして!

 投稿者:March  投稿日:2016年 6月12日(日)13時35分27秒
返信・引用
  > No.483[元記事へ]

こんにちは、Marchです。

裏面も撮ってみましたので、載せさせていただきます。
 

はじめまして!

 投稿者:March  投稿日:2016年 6月 8日(水)15時07分44秒
返信・引用
  皆様はじめまして、Marchと申します。

猫眼ではないのですが、よろしければうちのも披露させてください。
私が高校生の時に買った HAY WAGON HW-100 です。
トップが緩やかに膨らみ始めてしまい、弦高が3mmまでしか下がりませんが、
これからも大事にしていこうと思います
 
    (よしだ@管理人) Marchさん
初めまして&いらっしゃいませ。^^
シェイディッドトップのヘイワゴンは珍しいですね。
100ならバックはハカランダ3ピースでしょうか?
ヘイワゴンの100以上の機種は数が少ないようで、あまり見かけませんね。
トップの膨らみはしょうがない部分がありますが、フィンガースタイルでなければ許容範囲でしょうかね。
 

モデル1200M?Re.

 投稿者:タカハシ  投稿日:2016年 5月15日(日)21時39分28秒
返信・引用
  書き忘れてました。
管理人様の1200Mと比較してヘッドのインレイの大きさと違い少し大きいですね。
そういう意味でも下記に添付していただいた原型?の画像と良く似ています?
 

モデル1200M?Re.

 投稿者:タカハシ  投稿日:2016年 5月15日(日)21時35分11秒
返信・引用
  管理人様

情報ありがとうございます。
画像を拝見する限りとても良く似ています。
ラベルは元々無かったと記憶しておりますが、何分昔のことで、、、
糊跡も見当たりません。
弦を変えてみましたが、いい響きだと思いました。キャッツアイのギターはやっぱり弾きやすいですね。
玄高がD18に比べると低いのでしょうか?

今後ともサイト拝見しますのでよろしくお願いします?
 

モデル1200M?

 投稿者:タカハシ  投稿日:2016年 5月15日(日)17時35分46秒
返信・引用
  管理人様
先週BBSに投稿しました高橋で。
帰阪しまし撮影出来ましたのでこちらに投稿させていただきます。
シリアルNo.は確認できましたが、やはりモデルNo.の表記はありませんでした。
素人目ではネックの反りはないと思いますが中古販売店に送ってチェックしてもおうと考えています。
 
    (よしだ@管理人) 画像ありがとうございます。
こちらと同様の仕様と思われ、1200Mの原型のようなモデルかと思います。
http://www.cats-eyes.biz/special/ce12007.htm
もともとはラベルがあったのではと思うのですが、如何でしょうかね?
 

猫目画像

 投稿者:zxcpower2@yahoo,co,jp  投稿日:2015年 8月10日(月)19時32分10秒
返信・引用
  こんばんは吉田様、メールありがとうございます。キャッツアイたくさんお持ちなんですね。
羨ましいです。それぞれに個性があって…ハーレムですね。(笑)
 

HUMMINGBIRD CUSTOM

 投稿者:zxcpower2@yahoo,co,jp  投稿日:2015年 8月 7日(金)21時32分42秒
返信・引用
  製造番号とhummingbird handmadeの焼印、ラベルは無く、キャッツアイのインレイもありません。キャッツアイになる前のモデルで当時15万、グローバーゴールドが付いていてブリッジとナットは象牙、指版は黒檀、ポジションは白蝶貝、トラスロッドはサウンドホール側から回すようです。サウンドホールのインレイはたまたま工場にあった赤いバラのインレイで、ボディはお約束のヘリンボーン。工場長自らスノウフレークのポジションマークをヤスリで仕上げてくれました。
当時の寺脇工場は木工所みたいな感じでグレッチのホワイトファルコンのリペアがあったり
近くに住んでいたのでよくバイクで訪ねては製作状況を見せてもらいました。
 

レンタル掲示板
/48